薬剤師

調剤薬局での薬剤師の仕事について

私は調剤薬局で薬剤師として働いています。調剤薬局での薬剤師の仕事は、主に調剤業務・薬歴管理・服薬指導の3つです。

調剤業務は、病院から出された処方箋をもとに薬を調合する業務です。万が一にもミスがあると患者さんの命に関わることもあるので、絶対にミスは許されません。

そのため、私は薬剤師になって10年経ちますが、未だにプレッシャーを感じています。

薬歴管理は、患者さんの薬の服用履歴を管理する業務です。

薬剤師になりたての頃はパソコンの操作に慣れていなかったので、この業務に時間がかかっていましたが、最近ではパソコンに慣れてきたので短時間でこなせるようになりました。

服薬指導は、患者さんに薬の効能や用量・用法、保管方法等を説明したり、日々の健康や病気を予防するためのアドバイスをする業務です。

ほとんどの患者さんは素直に話を聞いてくれますが、中には無理な要求をしてくる人もいるので、調剤業務とは別の意味で疲れることがあります。

薬剤師の仕事を探すときには

薬剤師の仕事を探すにあたって非常に便利なもの、それが薬剤師の就職支援サイトなんです。

実は私もこのサイトを利用して転職をしたのですが、現在はとてもやりがいのある仕事をしているので思い切って決断をして良かったと思っていますよ。

転職をすると給与が減ることは当たり前であると考えていたのですが、このサイトのおかげで減るどころかアップしました。

この薬剤師の就職支援サイトを利用するにあたってお金は1円もかからなかったのでとても助かりました。

できることならお金をかけずに転職をしたいと考えていたことから、このサイトは私にぴったりであったと思っています。

またインターネットを利用して登録をすることができるのでわざわざそのコンサルタントがある場所まで行かなくても済み、時間を有効に使うことができましたよ。

隙間の時間をうまく使って転職活動を行うことがかなうため、もしも転職を考えているという薬剤師の人がいたらぜひこれを活用してほしいです。

↑ PAGE TOP